Blog

EIRL Editor
Jun 18 2020

Deep learningで画像認識⑦〜Kerasで畳み込みニューラルネットワーク vol.3〜

前回は、KerasによるDeepLearningのモデルで、60,000枚の文字画像を用いて分類を行いました。 今回は、白血球(好中球、好酸球、単球)の顕微鏡画像(90枚)を用いて、これら3種類の分類を行います。100枚 …

AI技術
EIRL Editor
Jun 4 2020

Deep learningで画像認識⑥〜Kerasで畳み込みニューラルネットワーク vol.2〜

前回は、KerasでDeepLearningを行うための準備(画像データの読み込みや前処理)を行いました。今回は、実際に畳み込みニューラルネットワーク(CNN)で画像データを分類してみます。MNISTというサイトからダウ …

AI技術
EIRL Editor
May 28 2020

Deep learningで画像認識⑤ 〜Kerasで畳み込みニューラルネットワーク vol.1〜

Kerasとは? Kerasと呼ばれるDeep Learingのライブラリを使って、簡単に畳み込みニューラルネットワークを実装してみます。 世の中に出回っている機械学習のライブラリには、いくつか種類があります。・Tens …

AI技術
EIRL Editor
May 21 2020

Deep learningで画像認識④ 〜畳み込みニューラルネットワークの構成〜

今回は、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)が、なぜ画像認識に適しているのかを理解するために、CNNの各層の働きに注目して構造を見ていきます。 畳み込みネットワークの構成 前回、前々回の記事Deep learning …

AI技術
EIRL Editor
May 14 2020

Deep learningで画像認識③ 〜ネオコグニトロンとは?〜

Deep learningは、画像認識において大きな成功を収めています。そこで用いられる多層ネットワークは、畳み込みニューラルネットワーク(convolutional neural network:CNN)と呼ばれており …

AI技術
EIRL Editor
May 7 2020

Deep learningで画像認識② 〜視覚野と畳み込みニューラルネットワーク 〜

画像認識は、Deep learningが成功を収めている分野の一つですが、その多層ネットワークは、畳み込みニューラルネットワーク(以下、畳み込みネット)と呼ばれ、画像認識に適した独特の構造を持っています。 前回(Deep …

AI技術
EIRL Editor
Apr 30 2020

Deep learningで画像認識① 〜Deep Learningとは?〜

最近、様々な分野でDeep learningと呼ばれる技術が用いられています。Deep learningとは、人間の脳の神経細胞のネットワーク(ニューラルネットワーク)を模倣した情報処理技術です。Deep learnin …

AI技術
EIRL Editor
Apr 23 2020

日本の画像診断② -CT, MRI台数, 撮影回数のOECD諸国との比較-

現在、CTとMRIによる画像診断なくして、医療は成り立たないと言っても過言ではありません。一方、我が国では、他国と比べて医療被ばくが多いことも問題視されています。 前回は、我が国のCT, MRIの総撮影回数(2018年) …

日本の画像診断
EIRL Editor
Apr 16 2020

日本の画像診断① -我が国のCT, MRIの総撮影回数-

レントゲンによるX線発見から約120年、ハンスフィールドによる初代CTの開発から約40年、CT画像診断技術は目覚ましく発展しました。また、ラビによる核磁気共鳴(NMR)の検出から約80年、ポール・ラウターバーによる初代M …

日本の画像診断
Yuki Shimahara
Dec 9 2019

RSNA(北米放射線学会)2019。 “AI Showcace”から見えた医療画像AIの最前線。

2019年11月30日〜12月5日に米国シカゴにて世界最大の放射線学会であるRSNA(北米放射線学会)の年会が催された。RSNAの年会は約5万人が参加する世界最大級のアカデミックカンファレンスである。企業展示エリアでは毎 …

医療AI
1 2