開発の背景

圧倒的検査数
に対する読影医の不足

胸部X線検査は費用が安く被曝量が少ないため、肺がん等の一般的なスクリーニングとして広く普及しています。特に日本国内では、法令に基づく一般健康診断の検査項目に指定されていることから、多くの国民が定期的に検査を受けています。
こうした膨大な胸部X線画像を読影し、確実に肺がん等の兆候を見つけることは、非常に高い技量と経験、集中力が求められます。医療現場においては、膨大な検査数に追われ1つ1つの読影診断にかけられる時間が限られていること、読影に慣れていない医師も読影診断する機会が多いことが課題となっています。

「当たり前」に実施される健診機会を最大限に活用

日本において健康診断が「当たり前」に普及していることは、日本の医療を支える上で非常に大きな利点です。だからこそ、その機会を強化し最大限に活用することは、プライマリ・ケア への寄与にも資すると考えています。

主な特長

医師による読影をサポート

胸部X線画像から条件を満たす肺結節の形状に類似した領域(5mm〜30mmまで)[1] を検出し、医師による読影をサポートします。医師単独で読影した場合と比べ、本ソフトウェアを用いて読影した場合には、放射線科専門医で9.95%、非専門医で13.1%の感度が上がることが認められました。また、読影試験における診断性能を表すAUC(Area Under the Curve)値は、本品を併用すると6.9792ポイント向上し(p<0.0001)、診断精度の向上が認められました[2]。

[1]浸潤性でないもの、胸部内で他臓器との重なりがない候補域に限る。
[2]肺結節が認められる有所見画像67症例及び正常画像253症例の胸部単純X線画像を対象に、18名の医師(放射線科専門医9名、非放射線科専門医9名)による読影試験の結果。
(感度の結果)
・CAD(コンピュータ検出支援機能)なし 合計:45.44% 放射線科専門医:47.10% 非専門医:43.78%
・CAD(コンピュータ検出支援機能)あり 合計:56.97% 放射線科専門医:57.05% 非専門医:56.88%
(AUC基本統計量)
・CAD(コンピュータ検出支援機能)なし 0.7088±0.0474.
・CAD(コンピュータ検出支援機能)あり 0.7688±0.0255.

既存の医用画像管理システム(PACS)やモダリティと接続

国際的な医用画像規格「DICOM」に準拠しており、各医療機関で既に導入しているPACSやモダリティから画像データを送受信し、医師の手元にあるワークステーション(ビューワー)に解析結果を出力することが出来ます。

基本情報

販売名医用画像解析ソフトウェア EIRL X-Ray Lung nodule
製造販売承認番号30200BZX00269000
添付文書詳細をみる(PMDAサイトへ遷移します)
DICOM適合性宣言書詳細をみる

撮像条件

モダリティCRもしくは、DX
撮像条件胸部PAもしくはAP、1,750 x 1,750pixel以上

連携実績

モダリティ富士フイルム、コニカミノルタ、キヤノンメディカルシステムズ など
PACS富士フイルム、NOBORI、キヤノンメディカルシステムズ、フィリップス、PSP など

よくある質問

EIRL納品後は、院内データで⾃動的に学習がされ、精度が向上されていくのか?

院内での⾃⼰学習は⾏われません。
現在の⽇本の薬事法にて、PMDAの承認時の精度が変わることは不可とされております。
もし、AIが指摘できなかった症例があれば、データを頂戴し、社内で精度向上をさせたバージョンを医療機関様へバージョンアップという形で適応する事となります。

デモは可能か?

オンラインのデモがございます。TOPページの「無料トライアル」よりご登録の上、ご利用ください。