2020年1月31日−2月1日「第二回 日本メディカルAI学会 学術集会」 シンポジウム及びポスターセッションのお知らせ

2020/01/27 ニュース

 2020年1月31日(金)より東京ビックサイトで開催される「第二回 日本メディカルAI学会 学術集会」にて、代表取締役 島原がシンポジウムに登壇し(シンポジウムテーマ:AI医療機器の実現へ向けた取り組みと日本における課題、演題:AIを活用した医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」)、研究開発本部 竹村、堤、河合、袴田が、共同研究先のアステラス製薬株式会社 藤 氏とポスター発表を行います(演題:2段階ネットワークを用いた2次元OCT画像の分類手法の検証)。
 
「日本メディカルAI学会」は、診療、治療、投薬等、医学・薬学・保健分野全般におけるAI(人工知能)の発展を推進する目的で設立され、本会は昨年に続き2回目の学術集会となります。「AIを医師にも患者にも」を副題に、メディカルAIの早急な社会実装を目指して議論を行います。

 

【学会詳細】
会期:2020年1月31日(金)− 2020年2月1日(土)
会場:東京ビックサイト TFTホール
学会プログラムはこちら 

 

【シンポジウム詳細】
シンポジウム4  AI医療機器の実現へ向けた取り組みと日本における課題
日時:2020年1月31日(金)15:30−17:00
会場:第1会場
座長:鎮西 清行 氏(産業技術総合研究所)、坂無 英徳 氏(産業技術総合研究所)
演題:AIを活用した医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」
演者:エルピクセル株式会社 代表取締役 島原 佑基

 

【ポスター発表詳細】
ポスター発表2  医用画像全般
日時:2020年1月31日(金)17:40−18:40
会場:ポスター会場
座長:坂無 英徳 氏(産業技術総合研究所 人工知能研究センター)
演題:2段階ネットワークを用いた2次元OCT画像の分類手法の検証
演者:エルピクセル株式会社 竹村 昌彦、堤 真人、河合 宏紀、袴田 和巳
   アステラス製薬株式会社 藤 秀義 氏

 

【エルピクセル株式会社について】
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持つベンチャー企業です。医療・製薬・農業などのライフサイエンス領域に対して画像解析技術とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウエアを開発してきました。現在、東京大学や国立がん研究センターをはじめ複数の医療機関と連携し、人工知能を活用した医療画像診断支援技術EIRL(エイル)の研究開発も進めています。

 

 【本件に関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社 広報担当 
TEL:03-6259-1713 Email:pr@lpixel.net